スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DOG DAYS 10話及びこれまでの総括的な感想

さてさて、ブログなるものを始めてみたので、じゃあDOG DAYSに関するこれまでのツイートのまとめのような記事を10話を中心に書いてみようかな、と。
思いついたら追記するかも。
そんな試みでいくつか気になる部分ををば。

■10話の構成:ミルヒ誘拐の対比としての成長

10話の構造は、概ね3・4・5話のミルヒ奪還戦と対となっている。
具体例としては、ミルヒ誘拐→奪還しようとするシンクとエクレ→勇者超特急という構成である。
この二つの戦いを比べたとき、もちろんミルヒのところまで辿りついたという点でシンクとエクレの頑張りと成長も重要なポイントだ。
しかしなにより際立っていたのは、ミルヒの決意表明ではないだろうか。
シーンの順番は違うが、5話ではレオに対して何も言うことができなかったミルヒが、9話ではレオに自分の思いのたけをぶつけることができた。
10話では土地神に対して自分の考えを示し、シンクと共に戦った。
5話で語られたのは未熟な領主としての自分。
それに対する、シンクの「ひよっこでも頑張れば飛べる」
そして、この戦いにおいて、ミルヒはついに羽ばたこうとしたのである。

■登ること・飛び降りること・キャッチする(すくいとる)こと

ここからは、作品を通じて繰り返されている表現について。
DOG DAYSは、飛び降りる/落ちてくるということを印象的に描いている。
特に顕著なのは1話だ。
まずOPは飛び降りるシンクから始まり、本編も地球側は飛び降りるシンクがなんども描かれ、Bパートの召喚でもシンクは落ちてくる。ラストの勇者参上でもシンクは飛び降り、さらにはEDのラストも空から落ちてくるシンクなのである。
2話でもシンクは上空から落下して閣下を撃破するなど、落ちることとシンクは切っても切れない関係である。
圧巻は、5話のトルネイダーのシーンで、コンサート会場にラストスパートするのが、急勾配の坂によりあたかも落ちていっているように描かれているのである。

また、同様に何度も描かれているのがシンクがキャッチするシーンで、これは飛び降りとセットにして描かれることも多い。
他にも、6話で剣を鞘をキャッチするシンクなど。
そして重要なのは、7話でミルヒとフリスビーをしたこと。
ネタ的な意味で捉えられることの多いこのシーンだが、シンクだけでなく、二人で、ミルヒも落とさないようにキャッチをしている、というのはこの作品に取って重大な事実であろう。
もちろん、これが10話の子狐をキャッチするミルヒに繋がっているのは言うまでもないことだ。

そして最後に、登ること。
高いところから飛び降りるためには、高いところに登らなければならない。
しかし、シンクが自力で登るシーンは、6話の回想シーンと9話のラストだけなのである。
1話ではどんどん高いところから飛び降りていき、フロニャルドに落ち、戦場に降り立つという特徴的な作りだ。
2話はエクレの力で飛び上がっており、エクレの相棒としての関係性が示されている。
そして、6話の回想シーンで壁を登っているシンクは、勇者に選ばれた理由と直結しており、ならば9話の壁登りも、シンクの勇者としてのアイデンティティを示すため重要なシーンであることは自明である。

さて、ではこのことを念頭に9・10話を見てみよう。
壁を登るシンク。
これはもちろん飛び降りることの前段階である。
トルネイダーによって落ちながら魔物へ向かうシンク。
さらにシンクを上に押し上げる相棒・エクレ。
そして子狐をキャッチするミルヒ。
これまでの描写が集約された、見事な、感動的なシーンだというほかないだろう!

で。
9話の時点では、魔物が空から降りてきたのは、シンクとの対比であり、新キャラ参戦時に高いところで見得を切るというこの作品の法則に基づいていると考えていたのだが。
10話を見て、これはどうも、キャッチすべき/すくうべき対象であるから空から落ちてきたのではないかという考えに至った。
ならば、やはり同じく空から落ちてくる妖刀をシンクが落としてしまったのは、不安要素になってくるのだが……。
良いものも悪いものも空から落ちてくるという思想として考えてみるのも面白いかもしれない。

■応援すること

この作品の特徴に、戦がテレビ中継されているという設定がある。
そもそもこの作品がTVアニメである以上、この設定はとてもメタなものだと言える。
今回は、この設定がどんな役割を果たしているのか考えてみよう。

このテレビ中継という設定、実際にお茶の間でそれを見ている市民の描写が、全くと言っていいほどに無いことにお気づきだろうか。
これについて、こう考えることはできないだろうか。
テレビ中継を見ている市民、それは僕達なのだ、と。
スポーツのような興業として描かれる戦。
それを見るとき、僕達は観客であり、応援する存在なのだ。
そう、アイアンアスレチックに出場するシンクを応援するベッキーのように。
その様子を星詠みで見ていたミルヒのように。
OPのラストの前。
見守るロランとアメリタ、声援を送るミルヒとリコッタ。
このカットこそが、この作品の象徴の一つであると言っても過言ではないだろう。
だから僕たちはシンクを応援する。
そしてそれに応えようと、期待を裏切るまいと走るシンク。
ベッキーの勇者にはなれなかったが、この国の、ミルヒの勇者にはなれるようにと。
それは僕達の勇者であるということでもあり、だからこそ、この構図がシンクの回想を、独白をこの上なく感動的なものにしているのだ。

■トルネイダーの上のヒロインたち

ミルヒもエクレも超可愛いよね!!!!
って話。

トルネイダーの上でのあり方が、エクレとミルヒで対比されていて、それがとても良いのである。
エクレは分かりやすく頼れる相棒ポジションであり、可愛く、強く、伏せ可愛いのである。
5話で、ミルヒはお姫様抱っこ→体操座り→シンクに立ち上げられ後ろから支えられる……というあり方であった。
それが、10話では後ろから支えられつつも自分で立ち、向かっていくという、成長を象徴するあり方になった。
可愛い。
どちらも可愛い。
もふもふ、もふもふ。

■これまで描かれてきたもの

「魔物が出てきた、これからが本題か」「ついにシリアス始まったか」――このような見方をしていた人には、10話は消化不良であったかもしれない。
しかし、それは観点の問題ではないか、と僕は考える。
では、この作品は一体何を描いてきたのだろうか。
これまでに挙げた点も、作品理解の助けになると僕は信じているが、ここでは更に踏み込んでこの作品がどのようなアニメなのか考えてみよう。

DOG DAYSは日常アニメである。
というと、語弊があるかもしれないが、10話でシンクが重要なことを言っているので、見てみよう。
曰く、「アスレチックと同じだ」
アスレチックとは、シンクにとって日常である。
ということは、戦=アスレチック(日常)であり、これが魔物=アスレチック(日常)ということに接続される。
実のところ、この作品は大きなことを描いているわけではない。
応援に応えたいアスレチック好きな少年が春休みに出会った、少し変わった日常の話だ。
原作・脚本の都築氏が以前HPで述べていたのだ、――正確に覚えていないのでうろ覚えの要約になるが――『自分にとってジュブナイルとは、少しの期間の不思議な出会いと別れ、そして以前と同じ日常と、少しだけ変わった自分』というようなことを。
DOG DAYSもそのフォーマットに則った作品ではないだろうか。
だとすれば、ベッキーは帰還したシンクの成長を分かってあげれば、そこにこの作品は収束される、とても大事な役回りなのだ。
だから要らない子とかいうな。
幼馴染みなめんな。

ミルヒたちに関してもそう。
ミルヒとレオのあくまで日常の範疇で理解できる悩みと成長。
ミルヒがシンクを勇者に選んだ理由。
シンクが勇者にこだわる理由。
そんな、なんでもないような心情がこの作品のラインであって(魔物に対するミルヒの向き合い方もそう)、つまり、そんな少し変わった日常の、彼、彼女たちの心と関係の揺れ動きが、描かれている対象なのだ。
だから、回想で語られたシンクの行動原理。
レオに向かい合うミルヒの気持ち。
魔物とて特別じゃないんだという二人の信念。
極論を言ってしまえば、大きな展開はこれらの心情を描くためのギミックであり、その逆ではあり得ず、それは作品において徹底されているのである。

■そして最後にレオ閣下は……

これまで、レオ閣下については意図的に書いてこなかった。
なぜなら、現時点では上手く語れないからだ。
正直、非常に難しいキャラクター。
書けると思ったら書きたいが、作品が終わるまで書けないかもしれない。

まあそんな感じで、これからは毎週DOG DAYSについて書いていきたいなと思っております。
他のアニメについてもね。

※軽く追記:次回以降は、サブタイトルからしても花の表現に注目。
花に関する描写も、1話から繰り返されているので。
スポンサーサイト

テーマ : DOG DAYS
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

DOG DAYS 第10話「勇者と姫と希望の光」

信じて待ってくれている人がいるから――。 出現した魔物に哀しみを感じるミルヒですが。 レオを庇うも聖剣は簡単に砕けて傷を負ってしまう。 星詠みの通りの最悪の展開に!?  ▼ DOG DAYS 第10話「勇...

DOG DAYS ドッグデイズ 第10話 「勇者と姫と希望の光」 感想

魔を絶つ剣。 「DOG DAYS」公式サイトはこちら! →http://www.dogdays.tv/ DOG DAYS ドッグデイズ 第10話感想です。 いやー、めずらしくシリアス一辺倒でしたね! そしてこんなにキャス...

DOG DAYS EPISODE 10 勇者と姫と希望の光

DOG DAYS 第10話。 魔物の出現、そしてシンクとミルヒの覚醒―――。 以下感想

DOG DAYS 第10話「勇者と姫と希望の光」

「ビスコッティが領主、ミルヒオーレ・F・ビスコッティが、絶対絶対許しません!」 魔物になった土地神を救うべく、シンク達が奮闘する話。 全体的に今度は早すぎる気もしなくは無いのですが、とりあえずは...

【DOG DAYS】10話 今回の見所は姫様の裸体だったな

DOG DAYS #10 勇者と姫と希望の光 539 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 23:54:45.76 ID:NYyeEsQS0 星詠みとはなんだったのか 541 名前:風の谷の名...

DOG DAYS 第10話 「勇者と姫と希望の光」

降臨した魔物の圧倒的な力の前に民衆は震え上がる。魔物に吸収されたミルヒオーレ姫を救うべく勇者シンク・イズミと親衛隊長エクレール・マルティノッジが空を駆ける・・・

DOG DAYS 10話感想

サブタイトル「勇者と姫と希望の光」 今回は最後までサブタイ伏せられたままでしたが、これはなぜだったのでしょう? 雷雲を裂いて、魔獣…どころか、ぶっちゃけ邪神みたく禍々しいのが出現。 ミルヒ姫と...

DOG DAYS EPISODE 10「勇者と姫と希望の光」

DOG DAYS EPISODE 10「勇者と姫と希望の光」です。 さて、先週の

『DOG DAYS』 第10話 感想

徹底して、どうすれば格好良く見えるかというのを追及しているような作品だなぁと改めて感じました。 見ていて惚れ惚れするほど格好良いんですよね。

DOGDAYS:10話感想

DOGDAYSの感想です。 終始シリアス…なんだけど…。

DOG DAYS EPISODE 10 「勇者と姫と希望の光」

 ウサミミの国が気になります。

DOG DAYS 第10話 「勇者と姫と希望の光」

シンク「oh...」 シンク「服着てると大したことないのに、脱ぐと結構スタイルいいですよね姫様」 ミルヒ「着痩せするタイプなんだよなぁ・・・」

DOG DAYS 第10話 勇者と姫と希望の光

魔物が登場し、周辺の地から火柱が巻き起こり、ヤバそうな状況です。 レオンミシェリがミルヒオーレを庇いつつ戦いますが、その隙を付く攻撃にエクセリードを構えてレオンミシェ ...

DOG DAYS#10

EPISODE10 『勇者と姫と希望の光』  よかった…ホントによかったね、閣下。マジで、よかった……。 『結局、あの予言はなんだったのさッ!?』とか、今はそんなコトどうでもいいや。 兎に角みんな報われた。...

DOG DAYS 10話

揺るぎなき意志は希望となる。 というわけで、 「DOG DAYS」10話 光あれの巻。 死なせないという決意。 殺さないという決断。 ミルヒ姫の強き心に、ただただ感服するのみであります。 犠牲にな...

DOG DAYS EPISODE10「勇者と姫と希望の光」

痛みと苦しみを1人で背負い、それでも懸命に戦ったレオ姫。 レオ姫を想い、最前線を訪れたミルヒ。 星の定めた未来は変えられないのか?? 天空武闘台上空に現れたものの正体は ...

DOG DAYS 第10話 「勇者と姫と希望の光」

魔物相手にレオ姫善戦! 前回の黒い球体から魔物復活。 ミルヒに襲いかかるがレオ姫が守る。 レオ姫はなかなかやるな。 エクセリード脆えぇぇぇーー レオ姫の隙をついて触手攻撃。 ミルヒが咄...

DOG DAYS 第10話 (レビュー/感想)

第10話 『勇者と姫と希望の光』

DOG DAYS 第10話 「勇者と姫と希望の光」 感想

セイバー=ミルヒオーレにアーチャー=レオですか。 シンクは銀河美少年ですし。 今回を見ていると、シリアス展開はいらなかったかもと思ってきました。 ほのぼのアスレチックバトルのままでもね。 ...

DOG DAYS EPISODE 10『勇者と姫と希望の光』 感想

ミルヒの優しい御心(*^ω^*)

DOG DAYS EPISODE 10『勇者と姫と希望の光』

かつて地の底に封じられたという禍々しき魔物。それが空から到来する。

DOG DAYS #10

【勇者と姫と希望の光】 DOG DAYS 2(完全生産限定版) [Blu-ray]出演:宮野真守アニプレックス(2011-08-24)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る すっかり友達の事を忘れてましたね・・・ォィォ ...

DOG DAYS EPISODE 10「勇者と姫と希望の光」

EPISODE 10「勇者と姫と希望の光」 本文はメインブログ(しるばにあの日誌)にて↓ http://yasu92349.at.webry.info/201106/article_6.html 注意事項 こちらからはメインブログでTBをお送りします...

DOG DAYS 【10話】 「勇者と姫と希望の光」

DOGDAYS、10話。 シリアス展開か。 団結力が物をいう。 ・・・視聴を終えて・・・ 今回はアクションもストーリーも良かったです。 珍しく鳥肌立ちました。 ミルヒとレオ閣下がやられた時にはどうなるのかとも思いましたが、予想通り、勇者シンクとエクレが...

全裸で救出待機は囚われヒロインの作法なり!? DOG DAYS 第10話「勇者と姫と希望の光」

TVアニメ DOG DAYS 第10話「勇者と姫と希望の光」 の感想。 脚本:都築真紀 絵コンテ:渡邊哲也 演出:藤瀬順一 作画監督:玉木慎吾・内田孝・嵩本樹 総作監:鳥宏明・坂田理  文字色 DOG DAYS(公式)

DOG DAYS・第10話

「勇者と姫と希望の光」 レオが見た星詠みの通り、復活した魔物。そして、ミルヒオーレは取り込まれてしまう。城壁を登ったシンクとエクレールが見たのは、傷ついたレオと彼方へと去ろうとする魔物…… ま...

DOG DAYS 第10話「勇者と姫と希望の光」 

これまでのは一体何だったんだと言わんばかりのシリアス&感動回。 でも盛り上がったところでギャグ&サービスシーンが(^_^;) 「伏せ!」と「ミルヒちゃんまっぱ」には100人が100人突っ込んだのではw ...

DOG DAYS ドッグ・デイズ 第10話 『勇者と姫と希望の光』の感想レビュー

ああ、やっぱりサブタイトルあったんだwな、運命なんか跳ね飛ばせ!回でした。 ひとりで悩んで苦しんだ閣下でしたが、結局姫様とシンクが頑張ってくれたおかげでめでたしめでたしというわけで、その意味では思ったよりあっさり解決した印象ですね。 勿論、姫様がやられて...

DOG DAYS EPISODE10

あらすじ(EPISODE10 勇者と姫と希望の光) グラナ砦上空に突如出現したまがまがしい姿をした魔物 レオ閣下を助けようとしたミルヒがなんと魔物に連れ去らわれてしまう。 注意:ここからはネタバレになりますのでご注意ください

DOG DAYS EPISODE 10

DOG DAYS EPISODE 10 『勇者と姫と希望の光』 ≪あらすじ≫ グラナ浮遊砦上空に出現した“魔物”。その魔物が放つ攻撃によってミルヒオーレは倒れ、魔物に取り込まれてしまう。星詠みと同じ結果を目の当たり...

DOG DAYS 第10話 「勇者と姫と希望の光」

禍々しき魔物の出現。 だがミルヒはその魔物から哀しみを感じる。 魔物は神剣を持つミルヒを狙うがレオ姫がなんとか守る。 しかし隙をつかれてしまい、庇ったミルヒが神剣を折られ魔物に捕らわれてしまう。 それに対し怒るレオ姫だが返り討ちにあい倒される。 レ...

DOG DAYS -ドッグデイズ- EPISODE 10「勇者と姫と希望の光」

指を怪我してキーボードを打ちづらいので、治るまで一ヶ月程度は簡易レビューとなります。ミルヒオーレ・F・ビスコッティが死ぬという星詠みの結果を変えるため、1人苦悩してきたレオンミシェリ・ガレット・デ・ロワ。にも関わらず、星詠み通りに天空武闘台にミルヒが現...

DOG DAYS 第10話「EPISODE10」

ミルヒ死す?

DOG DAYS 第10話

第10話『勇者と姫と希望の光』DOG DAYS 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]今回は・・・ミルヒが取り込まれた!?

DOG DAYS 第10話感想~目標地点まで一直線です、勇者様!~

タイトル「」……あれ? タイトルは??(苦笑) と、思いきや次回予告で発表! 「勇者と姫と希望の光」

姫様キャストオフ!(DOG DAYS 第10話レビュー)

DOG DAYS EPISODE10「勇者と姫と希望の光」 ★★★★☆

誰が作ったその決まり。

取り込まれたらマッパの法則。 伝統芸能です。 今日のアニメはこちら。 C 緋弾のアリア DOG DAYS 以下、ネタバレします。ご注意を。

DOG DAYS 第10話「勇者と姫と希望の光」

DOG DAYS 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]サブタイトルが次回予告のところで判明しましたけど、 なんでそこまで引っ張ったのか、意図が分からん(汗 それはさておき、今回はもう解決編です!

DOG DAYS 10話レビュー

ぎくしゃくしてしまった関係性を修復する一番の方法は共通のしかも強大な敵を想定してあげること。それが一番確実かつ手っ取り早い。今回も基本的にはその路線。しかもこれまでゲ ...

DOG DAYS #10「勇者と姫と希望の光」感想

DOG DAYS 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]アニプレックス 2011-07-27売り上げランキング : 267Amazonで詳しく見る by G-Tools   見事に一話で決着をつけてきたのにまず驚いたところではあり ...

DOG DAYS 第10話「勇者と姫と希望の光」 レビュー・感想

 突如現れた魔物に対して畏れと怒りを顕にするレオ姫に対して、刺さっている妖刀を見て「あの子、泣いてる・・」うーん、優しいですねぇ。自分が危機に瀕しているのに相手の事情 ...

DOG DAYS 第10話「勇者と姫と希望の光」 を観て

 「大きくて怖い魔物かもしれないけど、あの子、泣いてる」  魔物を目の当たりにして、そう感じ取ったミルヒ。  ミルヒの心が、魔物の運命を大きく変えます。  魔物を見て、すぐにその額に何かを感じ...

コメントの投稿

非公開コメント

映画的視点

ジュブナイルについての都築さんの姿勢は憶えていましたが、各話の映画的モチーフをこの様に掘り下げる発想はありませんでした。映画的評論として素晴らしい。脱帽です。
ところで、「勇者」について。シンクはこの物語のどこかで本物の「勇者」になる、ならなければいけないと思っていました。その事には象徴的なシーンがあり、1話で彼が召還を受け入れるとき、半信半疑ながら彼はミルヒにこう訊くのです「僕は、この国の勇者?」と。
このシーンがライティングの効果と共に1話の中でクライマックスの様に描写されていたので、彼が召還されたから勇者と呼ばれるのではなく「勇者になる」事はこの作品のドラマの核心の一つだと考えていました。
ですので10話は些か駆け足で未解決の伏線を残しているものの、最も重要な場面で最も重要なドラマを描いている点において、これを高く評価したいのです。シンクが真直ぐに「怖い、でも今度こそ勇者にならなきゃいけないんだ」と心情を吐露した場面は本作の白眉であったと思います。

Re: 映画的視点

>ROM様
コメントありがとうございます。
評価していただけて恐縮です。


>シンクが真直ぐに「怖い、でも今度こそ勇者にならなきゃいけないんだ」と心情を吐露した場面は本作の白眉であった

仰るとおり、このシーンは重要なシーンですね。
「勇者」というラインを追って見ていらっしゃるのは慧眼です。
ブリオッシュやユキカゼが登場して、シンクは必要ないんじゃないかという感想も見かけましたが、とんでもない。
むしろ逆に、シンクが勇者たりうる要因は単なる戦力ではないということを明示していたと思います。
つまり、「勇者」とは読んで字のごとく「勇気の有る者」です。
このシーン、まさしくシンクが勇者になれたシーンであったと思います。

No title

>拍手コメント
こちらこそコメントありがとうございます。やはりそこは1話から気にしていた部分なので、力を入れて書くことができました。そう言っていただけると嬉しいです。

拍手コメントの使い方がよくわからないので、こちらに書かせていただきました。
プロフィール

はまじじゅん

Author:はまじじゅん
まとまったアニメの感想とか書ければいいなあとか。
コメント・TB大歓迎。
特にコメントは超お気軽にどうぞ。
TwitterID:hamaji_jun
http://twitter.com/#!/hamaji_jun

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。