スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DOG DAYS"1話感想 フロニャルドの予感

そんなわけでDOGDAYS"始まりましたねどんなわけだ!
ともかく感想を書いていくわけですが、毎回書けるかはわからないんですが、書きたいと思ったら書くわけです。
で、この1話というのは予感にあふれた1話だと思いました。
新シリーズの初回らしいと言えばらしいですね。
この感想ではまずその予感を追っていこうと思いますが、それには僕が以前書いた1期の感想を読んでいただくとわかりやすくなると思います!(宣伝)
つまり1期2期にあった情報を踏襲した部分があるわけですが、そこは3期の1話だけでも十分なようにはできているので安心です。
1期2期も抑えておくとより情報が熱くなるというある意味当然な話ですので。
では具体的に予感を得たのか。


まずAパート、アイアンアスレチックの大会から始まりますが、そのラスト、シンクとナナミは高い柱を登ってゴールします。
この高い所に登るということ、そしてそこから飛び降りることのできる人こそが、勇者の資格を持っているのです。
だから、勇者召喚の際に、シンクとナナミとベッキーは高い屋上に向かうのです。
そして、フロニャルドへと落ちていく。
この高低差から、1期2期を見ていたなら勇者というものを感じ取れるし、3期から見た人もこの作品における勇者とは何かということが体感できるわけです。

しかし、この召喚のシーンでは同時に不穏さを予感します。
なぜならアバン、ミルヒにリゼルが「特別な日に相応しい青空ですよ」と言いますが、シンクとナナミのシーンでは曇り空だからです。
この対照はわかりやすいものですが、それだけではありません。
1期で空から雷のように落ちてきた禍太刀が子狐に刺さり魔物化したように、この作品では上から落ちてくるものは勇者などのいいものだけではない。
ですから悪天候というのは上から雨、あるいは雷というかたちで降ってくるものを予感させる。
このことが、単に天気以上の不穏な予感として、画面に存在しているのを感じるのです。

実際に雷が上から落ち(現実的な雷の動きは置いておいて)、シンクたちは遭難することになります。
ここで、今度は無事に召喚されたベッキーとの対照があります。
それは、勇者召喚での着地時、普通ならば光が花のようになって勇者を受け止めているということです。
これは1期からそうでした。
対してナナミを見てみると、木の枝が折れて落ちた彼女を受け止めようとするのは、巨大な食虫植物のような存在です。
このおよそフロニャルドには似つかわしくない花と、本来の召喚時の光の花。
勇者を受け止めるものの違いが、シンクとナナミの現状の不安だけではなく、フロニャルド自体の不穏を予感させるのです。

シンクに間一髪助けられ、二人は木に登って食事をします。
ここで空から来た翼竜のような生物にさらわれることになりますが、これは1期でのミルヒを思うとあまりよくない。
さらわれるということはネガティブな意味を持ちやすいんですね。
ですのでシンクとナナミは自分の意志で川に飛び込みます。
飛び降りるということが重ねられるわけです。
で、さらにそこに情報から巨大な木の実と恐竜のような生物が下りてピンチになります。
雷のような天災的に、また上からくるわけです。
こうして何度も何度も画面に高低差とその移動を映し、視聴者はそれを体感していきます。
だからこそそれが予感に繋がっていくのです。

そうして最後のシーン、森で出会った少女シャルと竜を助けるため、シンクが空から颯爽登場する場面へと、その予感がつながっていく。
何度も繰り返される画面の中の運動が、勇者シンクの登場を予感させ、それが実現される。
この第1話は、そうやって、フロニャルドの文法を体験させるような、予感に満ちた1話でした。
3期から見る人も、この1話でそうした予感を得られて、さあ2話からどうなっていくのか、という。


……1期の感想で触れましたが、実際には落ちるだけではなくキャッチするというのも重要な動作ですよね。
落ちるナナミをキャッチするシンク。
竜を抱えるシャル。
ブーメランをキャッチするナナミ。

OPも飛び降りてから空を飛んで上に向かっていくっていうのが面白いですよね。
今回のOPはほぼ完全にシンクたち一行・新キャラ・旧勇者パーティーと分かれていて、特にシンクたちとアデルたちとの対比ですよね。
シンクたちはまさに今代の新勇者パーティーなわけで。
DOGDAYSのOPってとにかく振り向きが多いんですけど、それも含めて視線の先にいる相手を感じさせるんですよね。
アデルたちの視線の先にいるのはなんなんだろうっていう。

残りはキャラ別感想!
・シンク
おああ遂にナナミに追いついた……。
そして本当に颯爽登場してしまったよ。
・ミルヒ
今回は勇者を待つのではなく迎えに行きます!
・エクレ
EDギャン可愛い……。
あとしゅっぱぁーつのとこお気に入り。
・リコ
EDギャン可愛いその2。
自分から遊び道具を用意する愛犬の鑑。
・ユキカゼ
季節も移り変わり装いもアッキー。
OPのフンモロがすごい。
ムシブギョーのOPでフンモロ止められた分の発散なのだろうか……。
・アンジュ
腹筋ください!
・エミりん
脱いでください!
・エイカ、カナタ
二人とも出番あった!
・アメリタ
完全にドーナツキャラに。
・ナナミ
姉好きとしては理想的な流れに。
台詞からシンクよりも楽天的なのが伝わってくる。
それともお姉ちゃんだからなのだろうか。
EDの口可愛い
・レオ様
領主っぽいこと言ってらっしゃる!
・ガウル
ショタの色気の権化。
・ジェノワーズ
EDでベルだけに襲い掛かる重圧……!
・ゴドウィン、バナード
いると安心感が段違い。
・ベッキー
EDで笑顔じゃない数少ないキャラ。
故にセクシー。
・クー様
初召喚で待ちきれないクー様kawaii!
・キャラウェイ、リーシャ
パスティヤージュはキャラが少ないんだからもっと前に出て!
・シャル
その服お腹冷えない……?

とまあなんか雑な感じになったけどいいや!
あと、EDが可愛すぎて心が打ち抜かれたので、なんかもう何も言わなくていいかなって……。
とにかく今夜2話!

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

Author:はまじじゅん
まとまったアニメの感想とか書ければいいなあとか。
コメント・TB大歓迎。
特にコメントは超お気軽にどうぞ。
TwitterID:hamaji_jun
http://twitter.com/#!/hamaji_jun

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。